説明

人数もいっぱい

弁護士の多さで言えば全国で一位を誇るのが、東京です。田舎よりも専門的な知識を持ち合わせた弁護士が多いので、依頼の際には助かるでしょう。事務所によって費用に差が出る為、しっかりと下調べをしてから依頼するようにします。

計算

納税相談ができます

確定申告書類の作成は税理士に依頼しましょう。東京の税理士なら個人の副収入などによる申告業務も行っています。サービス利用料金も格安となっているほかスピーディーに確定申告を作成してくれるので初めてでも安心して利用できます。

財産が多いほど高くなる

PCを操作する女性

具体的にいくら必要か

自己破産するのに必要なのは、自己破産を裁判所に申し立てる為に必要な費用と弁護士や司法書士に支払う費用に分けられます。申し立てに必要なのは収入印紙代、予納郵便代と予納金です。収入印紙代は1500円、予納郵便代は3000円〜15000円、予納金は1万円〜で処分する財産が多ければ多いほど額が大きくなります。財産がほとんどない場合には予納金は3万円以内ですみますが、財産が多い場合には予納金は最低でも50万円かかります。自己破産で処分する必要がある財産は99万円を超える現金と、20万円以上の価値がある家具や家電製品、絵や不動産、有価証券などです。これらの総額が大きければ自己破産費用も高くなります。弁護士や司法書士に支払う費用も財産がどのくらいあるかによって違ってきます。1番財産が少ない同時廃止の場合には15万円程度の費用で出来、報酬金も必要ない場合がありますが、処分する管財事件の場合には着手金も40万円程度からとなり報酬金も必要になります。弁護士などの専門家に依頼するとその分の費用はかかりますが、債権者との交渉を全て任せることができます。また自己破産しても免責が認められなければ借金を支払い続ける義務が残る為、免責が認められるかどうか不安な時も専門家に依頼した方が良いでしょう。自己破産に関する相談は無料で出来るところがほとんどなので、相談に関しての費用は心配ありません。また報酬金などの費用も分割で支払うことができる事務所もあります。

相談

気軽に相談できる

それぞれの弁護士にも得手不得手があるので、トラブルや悩みによって選ぶと良いでしょう。最近は無料相談や着手金無料などさまざまなサービスをおこなってます。岡山で弁護士を探すなら、スタッフの対応や明朗な料金など、いろんなポイントを加味して選びましょう。